ジムカーナ走行にあたって準備するものとは?

ここではジムカーナを始めるにあたって必要なものの紹介をしていきます。

●運転免許証

ジムカーナ練習会等では、ライセンス所持義務は無く、運転免許さえあれば参加資格あります。
JMRC北海道セミナー・ASPテクニカルジムカーナ等もクローズド競技会のため、いわゆるB級ライセンスなどが無い方でも参加可能です。

●クルマ

基本的にジムカーナ練習会では車検に通るクルマなら何でも構いません。
北海道のジムカーナイベントにおいても車検に通るクルマなら何でも構わない競技規則が多いです。

●ヘルメット

フルフェイス型かジェット型しか認められておらず、いわゆる半キャップや工事用メットなどは装着不可です。
JAF公認競技になると規格や製造年等で規定がありますが、ローカルイベントにおいてはバイク用の上記のものでも大丈夫です。
なおS2000やロードスターなどのオープンカーはフルフェイス型が望ましいです。

※ハコジムではヘルメットの貸し出しも行なっています。詳しくは参加申し込みの際にお問い合わせください。

●グローブ

ドライビンググローブなどで指先が露出していないものが必要です。(軍手不可)

※ドライビンググローブがどういったものなのかよく分からないという場合は参加申し込みの際にお問い合わせください。

●服装

長袖・長ズボンなど肌の露出していない服装。もちろんレーシングスーツなら、なお良いでしょう。
(顔以外、肌が露出しないことが基本です)
ローカルイベントの参加者では作業ツナギでの参加者が多いように思えます。

●靴

運動靴およびレーシングシューズ(普段履いているスニーカーなどで大丈夫です)

●テープ類

ゼッケンの貼り付け、バッテリー端子のテーピングなどで使います。
ビニールテープと色つきガムテープあたりがあると便利です。

※貼り方がわからない場合は当日、車検が始まる前までにスタッフまでお問い合わせください。

●工具類

手持ちの工具を持参しましょう。エアーゲージなどもあると便利です。